仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2017年5月25日木曜日

第15回綾ツァー(3日目)

『今日の赤(17-8)』


昨夜は一体何時まで飲んでいたのでしょうかねぇ?w
今朝はご参加いただいた綾さんが「綾待合所」7時発のバスで宮崎市内へ・・・
その後は高千穂を訪問されるとかで 6:45にロビー集合!

時間は迫っていますが綾さんですからね・・・「綾城」へ!
「開も〜ん!」・・・あ〜姫さま門前払みたいですよ!?😂
出発時間ギリギリで駆け込み乗車!w

朝食後宿をチェックアウト、日曜日の工房に向かいました。
無論先生・スタッフ等の皆様はスタンバイ・・・「桑畑でも見ますか?」
小石丸(日本の在来種)の為に10年を掛けて開発した柔らかな葉と背丈を抑えた桑です。
年に数回の孵化に合わ時期を異なる桑畑も用意されていました。
挿し木で増やされる桑畑を舞うモンシロチョウ(PC画面じゃないと見えないかな?)、無農薬のために雑草が覆ってます。

初めて出会った頃(2000年)には確かご近所の養蚕農家さんが工房から小石丸の卵を託され・桑を育て・繭まで育て上げて再び工房に戻していました。
2010年(?)に養蚕農家への助成金が廃止となり工房が託していた農家さんも次々と廃業。(大凡 1/100となったそうです。)
翌年から工房(先生)がお蚕さんを育て・桑畑まで自ら耕す結果となったのです。
その頃の先生も凄かった!
無論知識は既に持ってはいらっしゃってもやはり実際にその手で育て上げる事とは違うんですよね・・・お世話になった養蚕農家の方や遥かに若い学者さんからその know-howを受けてる現場は寒気がするほどでした。
・・・
・・・

やがて孵化した小石丸がこの桑を食べ・繭を作り・極めて細く・光沢のある糸となります。
左が小石丸・右が交雑種の繭です。(工房の資料写真から)

例年の綾ツァーならば初日にお庭の草木を刈り取り・大釜で煮出し・溶液を作ります。
翌日には桑の実を採取しジャムを作り・藍染の体験を・・・。
最終日(3日目)には丸一日漬け込んだ草木染めの作品を鉄やミョウバン等で焙煎して仕上げます。

今年はその半分しか行われていません「生葉染めやってみますか?」突然先生がハンマーを片手にやってきました。
みなさん「トン・トン・トン」昨日仕上げた藍染の作品に重ねていきます。
おやおや・・・これは素晴らしいじゃないですか!

その後はお休み中の工房内の織り場見学を・・・
改めて小石丸糸の細さと輝きを確認しました、凄すぎです!

昼過ぎ・・・名残は惜しいのですが工房を辞す時間です。
先生始め奥様・スタッフ・串本から参加のお仲間ともお別れ・・・

ランチは毎年最終日にお邪魔してる「美菜食膳」です。
今年は全員初お目見得ですので「せせらぎ膳」を注文済み。
ごぼうを・海苔の蒲焼きもどき、大豆タンパクを使ったチキン南蛮を酵素玄米で!
皆さん美味しく頂いてくれたかな?

空港で今夜の夕飯を調達、無論相方へのお土産も忘れません!
<本当のお土産は手染めのショールなんですがね。w)

翌日の仕事が4時開始だというH嬢に合わせて早めの帰京です。

今回は自身のアクシデントにより中止を覚悟・その後皆様のラブコールにより急遽復活が決まった為とご参加の皆様のご都合に合わせた為通常の半分しか楽しんで頂けなかったと思ってます。
果たして何処まで楽しんでいただけたかな?
先生は常に何事にも全力・手抜き無しなのは解ってはいたのですが、私自身がイマイチ・イマニの「綾ツァー」だったのではなかったと思ってます。
マンゴーもホタルももっと・もっと味わって貰いたかった・楽しんで頂きたかった。
(此ればかりは自然が相手ですからね・・・致し方無い事は解ってはいるのですが。)

今回初参加の方々への感謝の気持ちをほんの少しばかり・・・笑って下されば嬉しいのですが!?

2017年5月24日水曜日

第15回綾ツァー(2日目)

『今日の赤(17−7)』

(はい、この時期・綾に来たら・・・ですよね!w)

明日の朝7時に「綾待合所」から市内に向かうお嬢さまが約1名・・・つまり今回の「ツァー」は今日1日で全てを終えなければいけません!

今日も快晴!
6時半(楽勝ですw)ロビーに集合して綾北川の上流部を目指します・・・
朝日を受け輝きながら岩肌から溢れる・吹き出す清水を愛で・手に受けて味わいます!
御神水を守る河童さんから改めて分けて頂きますね。
(宮崎市内からも密かに水を汲みに来る方も居ました。)

皆さん帰りは途中下車、綾北川を渡って宿まで森林浴です!

朝食を頂き直ぐに「綾の照葉樹林大吊橋」を目指しますがその途中の「千尋の滝」にご挨拶を・・・
しかしプロ(綾さん)のポージングは決まってますよねぇ〜美しすぎます!
実は内緒なんですが此処もホタルの名所なんですよね、お時間が許せばお勧めです。
2012年の6月夕闇が迫る頃はこんな感じです。(動画は此方から。

さぁ「綾の照葉樹林大吊橋」へ向かいましょう!
4月から見学料金が350円に値上がっていた!(笑)
川面から142mを体感するにはこのポーズが一番ですね。(笑)
おやおや遊歩道は土砂崩れで通行止めのようですね・・・残念です!

10時「大隈農園」で先生と待ち合わせ、直ぐにマンゴーのハウスに案内頂きます。
しかし恐ろしい値段ですね、でも我々へは・・・これも秋山先生のご威光を頂いての「特価」なんですね。(感謝)

直径1m程のポットで一苗・一苗育成される独特の栽培方法の先駆者にて完全無農薬・有機栽培にて「「太陽のタマゴ」となる完熟による自然落下・青秀以上・2L以上・糖度15%以上の割合が50%超えると言う凄さ!(他の農家からは30%程度だと聞きました。)
<全身消毒前はハウス内に入れません!>
ちょうどこの時期は最初の出荷終わったところにて試食も無し、各自一切れの味見だけでした!(しかしこれがたまらない美味さ!)
しかも・しかもですよ・・・昨年は300個近くも焼けによる規格外品(味は同じ)が今年はほとんど出ていないと自慢気のご主人。
その規格外(通常の1/3で分けて下さいます。)を楽しみにしていたのに・・・そりゃないぜ!(笑)
その後は同じハウスで育てられたこれも拘りのライチを頂きました。(無論、美味しいのです!)
そして帰り際に本当に今はこれしか無いと完熟マンゴーを2個差しだして下さいました。
(いつ届くかは判りませんが今年分のオーダーは済ませましたけどね。)

帰り際に「てづくり本物センター」によりマンゴーや日向夏・ドラゴンフルーツのアイス・ジュースを頂いてその残念な思いを沈めました!(笑)

工房に戻れば先生やスタッフの方々がランチの用意をして下さっています。
主役は先生つ作りの無農薬で育てられた桑の実のジャムです。
例年ならばゆったりとビールやワインを頂きながらなのですが今日は急ぎます。

さて藍染体験を・・・と、その前にお茶室に案内されました。
室内には皇后陛下への献上ショールを始め小石丸・貝紫染めの品々が展示されてます。

そしてご婦人方はお着物の試着を・・・
奥様とお嬢様のお見立てに皆さまうっとり・・・時間が過ぎます!

そしていよいよ藍染体験です・・・が。
皆さま既に織りや絞りや糸かがりを施していらっしゃる。
やはりその道に興味を抱いての今日なんですね、だってレベル高すぎます!
今年で15年(17回目)のオイラとの差はねぇ〜(悔しい!)

夕張が迫る頃に先生が「今夜も自宅の庭でBBQで良いですか?」と・・・
伺えば既にお仲間の力を借りて準備が整っています。
エビ・ホタテ・サザエ・岩牡蠣・シシャモ・イワシ・・・
どうやら先生が1か月も前からこの日の為に手配して下さったとか・・・
綾の美味しい野菜等、オレンジやイチゴや勿論マンゴーも!
これだもんね〜、感謝します!

何時までも宴は続きます・・・気が付けばホタルの時間も既に過ぎました。
皆がそれぞれ楽しんでくれている、ほら先生だって!!(笑)

オイラはお腹いっぱいの上に超美味しい綾のイチゴを数十粒(?)も詰め込んで大満足。
・・・この宴はいったい何時に終わるのでしょうかね?(笑)

2017年5月23日火曜日

第15回綾ツァー(1日目)

『今日の赤(17−6)』

<今回の写真はiPadminiにて綺麗なショットが撮れず大いに不満ですがお許し下さい。>

昨年6月の腎癌の摘出手術と10月の大動脈解離手術による入院騒ぎから半年余・・・やっと昼間自宅近辺を徘徊出来るまで回復した4月に秋山先生から連絡が入りました。
「今年のツァーですが昨年もご一緒した方から今年は新たにお仲間を連れて伺いたいと連絡が入りましたが・・・如何致しますか?」と。

2002年に気の合うお仲間を誘って始まった「綾ツァー」、2011年の新燃岳の噴火騒ぎで 桑畑に降る降灰除去の作業でとてもじゃないがお相手は出来ないと言われた年を除いて毎年新緑の頃に続けてきたのですが流石にこの状況ではと早々に諦めていました。

根っからのお調子者、最悪は自身はドタキャンでも行ってくださる方がいれば良いと判断し動き出しました。
採血・エコー・CTスキャン等の検査の後主治医からお墨付きを頂いたのが今月16日、何より本人が一番安堵してのスタートでした。

今年はご参加の方の都合にて例年とは異なり金曜日に集合となります。
笑顔の富士山に見送られながら一路西へ・・・宮崎ブーゲンビリア空港へは約1.5時間のフライトです。

今年ご一緒頂けるのは昨年日帰りで顔を出されたK嬢とそのお友達のY嬢、共に普段からお着物をさり気なく着こなすご婦人等。
プロのベリーダンサーの綾アイラさん。(同じ名の土地へのお気持ちは強いようです!)
そしてここ毎年手を挙げてくれるS大学の卒業生のH嬢、お仕事の関係上金曜日の夕刻到着の予定です。

昼前に各々空港に到着して向かった先は宮崎の中心部橘通りの「染織こだま」さんへ。
お着物の魅力を積極的に全国展開されていらっしゃるパワー溢れるお店です。
ここでは皆さんがお着物・帯の合わせを楽しまれます。(写真は綾さんだけ・・・?w)
全員お着物に関心を持たれてる方々ですからそりゃお話も弾みます。

時間が(?)・お腹が(?)催促したのか若主人様にご相談しランチです。w
伺えばY嬢は初宮崎!(と言うか初九州?)先ずは定番でも良いのではと言う事でご案内を頂いた先は「宮崎風土 あっぱれ食堂」オイラは「チキン南蛮定食」を・女性は皆さん『あっぱれ定食』です!(驚き・・・あっぱれです!w)
(あっぱれ定食:チキンの炭火焼き・チキン南蛮・冷汁の豪華セット!w)
(商店街には佐土原町生まれのクジラ登りが泳ぎます。)

その後もお着物のお見立ては続きますがそろそろH嬢が空港に到着する時間、名残は惜しいのですがまたの再会を約してお店を辞します。

宮崎空港のこの時期はマンゴー・マンゴーのラッシュです!w
いやはや相変わらずお高いんですねぇ〜!?(驚)

定刻にH嬢も到着、レンタカーで綾へ向かいます!
綾までは約1時間・・・途中少しばかりの渋滞に巻き込まれ到着は夕刻6時となりました。

見慣れた「綾の手紬染織工房」とはいえ1年振り、秋山先生や奥様・お嬢様・スタッフが今や遅しと待ち構えていらっしゃいました。
「BBQの予約は6時ですがテゲテゲ(たいがい)ですから気にしなくても良いですよ。w」
急ぎ宿泊先にチェックインして備え付けのBBQコーナーに向かいます。
綾ポーク・チキン・綾牛と見事に並べられたお皿にヨダレが・・・。w
すぐ横の川原で筍を探して早速火に投入、これが美味い!

宴の途中ですがお楽しみのホタルを鑑賞します・・・
これは2009年のホタルですが今年はこの1/2〜1/3かな?
まだまだ姫ホタルが中心でゲンジホタルの観賞は少し早かったかな?
こればかりは自然が相手ですからね致し方ありませんね!

メンバーの皆様は秋山先生とテーブルを囲んで賑やかに談笑を・・・オイラは奥様やお嬢様・スタッフとじっくりと綾の味を楽しみました!

気が付けばもう10時・・・宿の入浴時間も迫ってきましたし明日は早朝演習が控えてますので閑散と致しましょうか!?
話は尽きないようですが、お休みなさいです!w

2017年5月10日水曜日

お香を焚いて・・・

『今日の赤(17-5)』


FBのありがたい事は過去の投稿を振り返ってくれる機能。
・・・今日は義父の命日です!(9年前)
自分の親はないがしろにしても義父母の命日を忘れてはいけません!(笑)

義父の好物は堅焼きのお煎餅ですが後年はすっかりと甘いもの好きに変わりました。
酒の相手がまるで出来なかった自分とのコミニュケーションツールとして訪問時には必ず何かお土産を持参して下さいましたね。

・・・では義父へのお供えを求めて行きますか!?
小雨が降るなか向かった先は我々もそしてその後義父母も住んだ市ヶ谷です。

先ずは老舗の「さかぐち」で堅焼きのおかき(大鬼)を購入、引き続き靖国神社前の「宝来屋」で甘味(栗饅頭・むらくも・練り切り=鮎)も購入しました。
 
実は義母はめっちゃ甘い物が好きだったのです。
相方の寝室で今も二人して微笑んでくれている義父母へは平等に扱わないととね。
(義父は9年前・義母は11年前に亡くなりましたが未だに我が家で同居しています。)

市ヶ谷もすっかりと変わりましたね・・・以前は旧日本TV方面(麹町)の通り沿いに美味しいランチ場所もあったのですが日本TVが汐留に移転して以来大きく変化したようです。

靖国通りを外し裏通りを歩きながらランチ場所を探しますが結局は以前幾度もお邪魔したお蕎麦屋さん「大川や」となりました。

 「釜あげしらすと黒磯のりの日やかけ蕎麦(梅肉添え)」
磯のりの香りの後にキリッとした蕎麦の味・・・おいしかったです!
「活〆穴子の天ぷら蕎麦」
久し振りの訪問でしたが期待を裏切らない美味さは相変わらずでした!

近くの「東郷元帥記念公園」で一休みしていたら昼休みに入ったようで突然多くのサラリーマンが・・・皆が向かう先はお肉屋さん(?)どうやらお弁当がお目当てのようです。
全て5〜600円前後のお弁当はどれも美味しそう!
当方も思わずローストビーフ弁当(680円)を買ってしましました。(笑)
(何故か「母の日セール」で50円引き・無料の味噌汁も付きます。)

10大商社の一角「安宅産業」の第一営業部長として八幡製鉄を相手に辣腕を振ったと洩れ聞いた義父・その後は請われて新日鉄の子会社の取締役として奉職してましたが娘婿にはただ優しいだけの義父でした。
たった一人の娘を嫌な顔一つせずに嫁に出してくれた義父・当家に来た際にはお得意の俵形のコロッケをたくさん作ってくれた義父・退職時にはネクタイを100本以上頂いて驚きましたっけ・・・そう言えば映画解説の荻昌弘によく似ていて、一度地下鉄の中で間違われていましたね。
幾度となくゴルフに誘って頂きましたがその度に自宅に迎えに来たハイヤーの運転手さんがゴルフバッグを抱えて前を歩かれるのには閉口しましたけどね。(笑)

帰宅後二人のお骨にお供物を捧げお香を焚いて合掌、お陰様で今日も楽しい一日でしたよ。
・・・また笑ってくれたかな?

2017年4月21日金曜日

倒木更新!

『今日の赤(17-4)』

この季節山形の佐藤錦は最高でした!>

目出度く本年もこの季節を迎えられました。(笑)

が好き!>
が好き!>
が好き!>
も好き!>

雨の日だって好き!>
<勿論、晴れの日も大好き!>

【でもこの季節が一番好き!】
半袖で歩くにはちょいと寒い、大きな歩幅で急ぎ足で歩くとうっすらと額に汗が浮かぶ。
好きなんですよねこの季節が!

官庁相手の現役時代だと丁度年度末の繁雑期がやっと終わりひと段落したところ。
3月は毎年搬入立会いの土日出勤!(花見は毎年お役所の庭でした。)
4月は中旬まで年度末の整理期間で書類の整理・・・。
久し振りの休日に相方との〜んびりと地元や下町の商店街を歩き回るのが好きでした。

2000年G.W.に仕事で宮崎県綾町に訪れた際に見た新緑の山々・・・
あまりの感動に翌年同じ時期に相方を連れて再び「照葉樹林帯」を訪れたのです。

幾重にも重なる緑色のうねり・・・ビル群に囲まれた生活を日々続けていた身としては新鮮というよりは驚きでした。

「綾の照葉樹林帯」は自然林、重なる緑の色に『生命力』を感じたのです。
倒木により差し込む太陽・・・
そこに宿る新たな命・・・
倒木更新

こうして「永遠の命」って繋がるのかな?
特に秀でた能力を持たない自分だけど気付かぬ所で誰かが・気付かぬ形で繋がってくれるかな?(笑)
自分もどれだけ先輩方に・お仲間に可愛がって貰った事か!
たくさん・たくさん感動して楽しい思いをさせていただきご馳走して貰った!(笑)

朽ち果て・倒れたオイラの後に爽やかな太陽の光が降り注ぐように今少し生きたい!
(誰だ!・・・「もう良いから早目に倒れろ!」って言う奴は!w)

真新しいランドセルが揺れ・揃いのリクルートスーつが目立つこの季節、全ての子供(若者)へ「幸せが訪れますように!」と心から願うのです。
だって、それが一番自分が楽しいから・・・です!(笑)

明日も明後日も生きてると言う確信なんんか無い!
ただオイラの生きている価値が誰かの魂の隅っこ宿し・繋がって貰えたらと願います。
さて、今日も・明日も精一杯楽しく・明るく・元気で生きましょうか!?