仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2010年11月24日水曜日

晩秋の信州へ・・・

叔父(母方)の急逝にともない週頭から信州(茅野)へ2泊3日の旅をしてきました。

やはり季節の変わり目なのでしょうか?
火葬場と僧侶の都合にて22日:通夜、23日:火葬、24日:告別式となりました。
22日昼過ぎに会社から直接車で信州へ向かいます。

通夜は自宅(母の実家)で17時から・・・。
男の子ばかりの3兄弟、それぞれが所帯を持ち今年曾孫まで生まれた一族は結束も固く大賑わいでした。

オイラと同じ歳の総領は今年区長に任ぜられ「御柱大祭」を仕切るなど地元じゃ名士となってました。
幼稚園に上がる前から毎年訪れ野山を駆け回った従兄弟同士です。

「俺が左利きになったのはアンタから右腕を折られた所為なんだよ。」
「うっそー、覚えてないよ。。。それよりこの右足の傷はアンタに桑畑から突き落とされた時に切り落とした桑の幹に足を刺した痕だぞ!」
「そんな事有ったの?・・・覚えてない!」・・・。(笑)

翌23日は祭日なのですが我社はレイアウト変更の為に全員出社の命令が出ています。
無論オイラは欠席・・・全ては社員に一任しました。

送信者 2010-11-24
前日通夜の席で話題になった亡くなった叔父との古い写真を実家から探し出して荼毘に付してる最中にご披露。
息子さんやお孫さんは元よりお爺さんやお婆さん達にも大好評。
なんか皆喜んでくれて嬉しかった。

荼毘に付した後高齢を押して来てくださった叔母(母の妹)を養護ホームの母の元に・・・。
89歳と92歳の姉妹は互いに手を取り泣いていました。

・・・で、今日告別式の際に従兄弟に「昨日は思いもかけず親孝行が出てました、有難う御座います。」と声を掛けたら「今朝『昨日は何処へ行ったの?』って聞いたら『火葬場!』その後は?『・・・?判らない。』って言うんだもん嫌になっちゃった。」だって。。。
まぁ、それも良いかな?(~_~;)

今日はお昼を挟んでの告別式、精進落しを途中で辞し会社に向かいます。
平日の高速に渋滞は無し、途中のS.A.で会社に連絡を入れ状況を確認。
「大丈夫ですよ、特に心配ないから今日は休んでください。」・・・だって。

お言葉に甘えてそのまま帰宅させて頂きました。
勿論皆様には信州銘菓(?)を購入、明日朝にはデスクの上に置いておきますね。

mixiでは皆様からありがたいお言葉を沢山頂きました、有難う御座います。
今夜も早く寝て明日から元気に働きます。(^o^)丿

次回の信州は正月かな?

2010-11-24