仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2011年8月8日月曜日

宮崎へ・・・1

『本日の赤(24)』

送信者 2011-08-06(綾)

突然の思いつきで先週末宮崎県綾町へ行って来ました。

「鳥インフルエンザ」・「口蹄疫」・「新燃岳の噴火」と毎年のように宮崎県は何故か不幸に見舞われています。
その影響で6月には今年10回目を迎えようとした綾ツァーも急遽中止となりました。
ちょっと気に成る事も有りましたが今年行かないと2000年から続いてる宮崎訪問が途絶えてしまいますしね。

第一オイラの大好きな綾の手紬染織工房にはやはり毎年お邪魔しないといけないのです。(笑)
・・・別に理由なんかどうでも良いのです、「綾」はそんな場所だから。

2011-08-06(綾)

大雨警報発令の綾町には昼前に到着。
突然の訪問、お忙しい先生は当然お出掛けのご様子でした。
良いんです、この工房にお邪魔さえすれば・・・それで納得をするんです。

・・・と、工房の方が先生に連絡を取ってくれました。
「午後に2時には戻りますから居て下さいよ。」
「はい、仰せの儘に午後再びお邪魔します。」・・・正直嬉しかったんですけどね。(^_^)v

大雨の中「本物センター」でお弁当を調達し橋梁架け替え中の「綾の大吊橋」を眺めながらランチ&お昼寝を・・・何時もの光景に安らぎます。

先生はこの日冷蔵保存して置いたお蚕さんの卵を孵化させ秋繭を取る為に養蚕の専門家を招いてのお勉強会だったみたいです。
来月古希を迎えると言うのに・・・、厚さ2cmは有る専門誌を手に一生懸命メモを取っていらっしゃいました。
(この生き方・・・本当に頭が下がります。)

桑畑を開墾し・桑を育て・お蚕さんの雌雄を選別し・交配・採卵・育成しやっと繭を手にします。
その繭を紬ぎ・撚り・糸を括り・染め・織る。。。

以前は繭を手にした以降だけの作業でよかったのに・・・、今は先生がその全てに携わっていらっしゃいます。
「綾の手紬染織工房」の名を変えなければいけませんね。(*_*;

「突然にいったい何しに来れたんですか?・何かお話しでも?」
いや特に話なんか無いんです、ただ工房で動き回ってる先生のお顔が見たくって・・・それだけなんです。(~_~)

送信者 2011-08-06(食事)

先生のお元気なお姿に癒された後、宮崎市内に戻ってゆったりとした時間を過ごしました。
明日は相方が決めた場所に行くそうです、今夜は早く寝ますね。

2011-08-06(風景)

2011-08-06(食事)

その他、この日お邪魔した処は・・・
☆『はちみつ 蜂兵衛館』
☆『綾手づくり本物センター』
☆『綾の照葉大吊橋』
☆『プースケとタローの店』