仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2012年1月1日日曜日

明けましておめでとうございます。

2012年元旦、皆様明けましておめでとうございます。
昨年は『東日本大震災』に直接・間接的に受難の影響を受けられたお仲間が幾人も居ました。
新たな年にはそのお仲間に対し一日も早く・より多くの平穏の日々が訪れる事を祈ります。
思えば、当方は多くのお仲間に支えられ笑顔と共に充実した日々を過ごす事が叶いました。
心より感謝申し上げます。
元旦に際し皆様の元に今年こそ穏やかな日々が続きますようお祈り申し上げます。

送信者 2012-01-01
早速ですが・・・『今日の赤(12-1)』
はい、今年も続けます。(笑)

送信者 2012-01-01
暮の30日「讀賣新聞:編集手帳」に書かれていた言葉です。

戦後まもないころ、画家の安野光雅さんはバス停で朝鮮人のおばあさんと一緒になった。
その人は言った「ヒトリダマリノミチナガイ フタリハナシミチミジカイ・・・」◆近著『絵のある自伝』(文芸春秋)に書いてある。
「わたしはそれまでこのような美しいことばを聞いたことがないし、これからも聞かないであろう。」
生涯忘れられない言葉が誰にでもある。
今年、震災のなかで出会い、胸に刻んだ言葉の幾つかを
◆「ままへ。いきてるといいね おげんきですか」(4歳の幼女、昆愛海ちゃんが津波で行方不明の母にあてた手紙)
◆「(もしも病気に負けた)そのときは必ず天国で、被災された方のお役に立ちたいと思います。それが私の務めと思ってます。」(55歳で死去した“スーちゃん”、女優の田中好子さんが生前に録音したメッセージ)
◆「こころざしをはたして/いつの日にか帰らん/山はあおき故郷/水は清き故郷」(唱歌『故郷』)。
ふるさとを離れ、なじみの薄い土地で年を越す人たちが居る。
迎える年がヒトリダマリではなくフタリハナシ・・・いや、ミンナエガオの道でありますように。

・決して独りでは生きてはいけない
・生きてるだけで他人(ヒト)には迷惑を掛ける
・友達は・・・面倒くさい(時間もお金も神経も使う)

だけども『人』が好き、愚直に・懸命に生きてる「人」が大好き!
今年も言い放つ「趣味は『人』です!」と・・・

・・・で、皆(お仲間)に迷惑掛けるんだよね。(汗)
そんな爺ですけども ヨ・ロ・シ・ク お願いしますね。(^o^)丿

送信者 2012-01-01
送信者 2012-01-01