仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2012年9月18日火曜日

浅草からモンゴル?・ブータン?

15日(土)は朝から忙しい!(笑)
午前中に車検の為車を放り込んでから「コレド日本橋」へ・・・
お仲間のお誘いで先ずはランチ・・・タイカレー(茄子と鶏肉)です。

実は私世の中で苦手な食べ物が少々・・・その内の一つが「パクチ」なんですよね。
後は大した物ではないです、ゼリーと寒天と求肥とヌガー・・・と皿に盛られたプリン=カップのままなら食べます、豆腐は大好きです。(*^_^*)
(変?・・・まぁ、人はそれぞれですから。)

タイ料理って全部パクチって入ってるでしょう?「やばいなー」とは思ったのですが其処は大人ですから顔一つ変えずにお仲間の意向に合わせます。
カレーならなんとかなりそうだとオーダーしたら全然パクチ(香草)系は入ってなくて美味しく頂いちゃいました!(ホッ・・・。笑)

日本橋でちょいと野暮用をこなして夕方まで約4時間用は無し!・・・如何しようかな?
実は私喫茶店で独り時間を潰す事が超苦手なんです。
次の予定は浅草雷門・・・あそこならブラブラ歩くのも良し、行っちゃいますか!?






三連休の初日、観光地浅草は・・・もう、凄い人出。
先ずは夕方には売り切れ必死の「亀十」のどら焼きをお土産にget!

 実は私人混みの中を歩くのが苦手です。(若いころはスイスイ抜けて歩いていたのに・・・。)

自然と足は外へ・裏へ・・・
狭く・迷路のような路地を好んで抜けてちょっと迷子の気分を味わう・・・これ、散歩の醍醐味です。

裏路地で地元の方々の会話や手仕事の町工場なんか見つけるのが楽しいのです。

気が付けば裏浅草を抜け洗足商店街へ・・・
極普通の街の喫茶店で一休み。
カウンター越に交わされるマスターと常連客との会話を楽しみます。






気が付けば日が傾いてきましたね、ボチボチ行きますか?





今夜の目的地は「浅草雷門」の極近く・・・毎回お邪魔してる馬頭琴奏者「美炎さん」のライブです。













今回はスペシャルゲストとして写真家の関健作さんとのコラボみたいです。

2007年より海外青年協力隊としてブータンの山奥?(首都から車で3日間)の山村に体育教師として派遣され地元の子供たちとの触れ合いを通じて写真家に転身されたかた?
地元に根付いた美しい景色と素敵な笑顔の写真を見せて頂きました。


 『幸せの国ブータン』先の大震災に際して国王が訪日され多くのメディアに紹介された国ブータン・・・
価値観の大きく異なる文化に悶絶しながら(笑)手にした見事なショットに感銘を受けました。









老若男女を通じ朝の祈りから始まり夕べの祈りで終わる国・・・
「毎日、何を祈ってるの?」
彼の問いかけに彼女は「『すべての生きとし生けるものが苦しみから逃れるように、幸せでありますように。』と祈ってます。」とその澄んだ瞳を真っ直ぐ彼に向けて答えたそうです。

ブータン・モンゴル・・・日本、美炎さんの馬頭琴を通じ世界中のモンゴリアンとして何が同じで何が違うのか?
優しく(厳しく?)問いかけてきました。
なかなか素敵なライブでしたよ。(*^^)v